上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕は飛び込んでみるよ
目の前に広がる 新しい場所に
そこに何があるか分からない
でも 何かがあるはずだから

僕はそこで何をしたいのか?
そんな事は 何も考えてなかった
ただ 自分自身を知りたくて
そして もう一段階成長してみたくなって
その為の新鮮な刺激が欲しくって

現在(いま)が嫌って訳じゃないけど
更なる高みがあるというのなら
それを目指してみたくなったんだ
まだ眠っている可能性があるのなら
それを目覚めさせてみたくなったんだ

僕の訪れたその場所が
アウェーであったとしても
それはそれでいいんじゃない
そこをホームに変えていけばさ
そして自分のホームを増やしていくんだ

自分を変えるんじゃなくて
自分を成長させていく
そんな新しい場所で
僕は僕のホームを探してく
スポンサーサイト
あの日 僕らは君に出会った
雪の降る寒い冬の日
一人ぼっちでいた君は
心に病を抱えていたね

君の病は非常に重く
万能薬なんて存在しない
しかし それに向き合っていた医者は
その治療を諦めようとはしなかった

君が心を許した人
心の信念の旗を掲げる医者
僕らは彼の真似は出来ないけれど
僕らなりの何かが出来るはずなんだ

君の持つ心の病は治せないけど
痛みを紛らわすことは出来ると思うんだ
だから 僕らは君と過ごしていくよ
これからもずっとね

さぁ 一緒に行こうよ
先月に君からもらったチョコレート
なぜか不思議なことが起きたんだ
一口ごと 変わってく味
それはシェフのさまざまな想いなのかな
それとも食べてる僕の想いなのか

君から届いたラブメッセージ
キャッチボールのように返したい
直球ストレートで君のグローブへと
でも 上手く投げれるかな
コントロールが下手な僕だから

この気持ちをそのまま届けたいけど
声にしたら変な方向に飛んでいく
心から喉までのトンネル
そこは僕にとっての最大の難所

声にならない僕のラブメッセージ
だから僕は言葉のままで送るよ
この詩をクッキーに添えて
箱の底に忍ばせて
先月に君からもらったチョコレート
それに込められた想い
素直にとても嬉しかったんだ
でも 今の僕には返事が出来ない

君が僕を想ってくれてるように
僕にも想ってる人がいる
その人への気持ちを抱えたままじゃ
僕は受け止めることが出来ないよ

でも 君から教えてもらったんだ
想ってるだけじゃダメなんだって
君からもらったチョコレートは
僕の体内で溶けて 恋する勇気になった

こんな話は聞きたくないよね
だから僕は言葉で送るよ
この詩をクッキーに添えて
箱の底に忍ばせて
一緒に喜び 一緒に悲しみ
いろんな想い出を作ってきた
いろんな絆を作ってきた
青春時代を共に過ごした仲間達

そんな仲間達との最後のイベント
次の世界への旅立ちの儀式
嬉しさと淋しさを含んだ涙を溜めて
卒業証書のバトンを持って走ってく
夢の待つ場所へと走ってく

これからはみんなそれぞれの場所で
それぞれの夢に挑戦してくんだ
離れ離れにはなるけれど 淋しいなんて言わないよ

飛行機雲が描いた一本の直線
それは僕らを結んだ最短距離だね
この雲を辿っていけば すぐに逢えるんだよ
そう 僕らは繋がってるんだ
いつでも いつまでも
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。