上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕はひとりじゃ生きていけない
君の力が必要なんだ
みんなの力を頼りにしてるんだ

気分が落ち込んでいる時
弱い自分が出てきた時
みんなの言葉で 僕は救われてきた
みんなの優しさが 僕を救ってきた

そう 僕はひとりじゃない
周りのみんなに助けられ
僕はここまで生きてきた

そう 僕はひとりじゃない
そして 君もひとりじゃないんだよ
スポンサーサイト
僕らは何に急いでいるんだろう
僕らは何に追われているんだろう

たまにはゆっくり歩いてみてごらん
普段ではありきたりだったコトが
新鮮に見えてくるよ

駆け抜けて見逃していた場所
急ぎ過ぎて見落としていた場所
そこにあるのかもしれない
カラダを休めるポイントが
ココロを休めるポイントが
些細なことで気分が落ちる
些細なことが気分を落とす

ココロのテンションが低いとき
ココロが弱くなる自分がいる
キッカケは小さなものでも
弱いココロがそれを大きくしていく

小さなことから始まる
マイナスのリング
弱いココロが負のコロモをつけていく

弱くてもいいんじゃない
それがそのときの自分だから
弱くてもいいんじゃない
それを友達がカバーしてくれるから
流れゆく時代の中で
僕たちは何処へ向かっていくんだろう
変わりゆく景色の中で
僕たちは何を見ていくんだろう

過去の自分が 僕に言う
「おまえは 何をしたいんだ」
未来の自分が 僕に言う
「おまえは 何をしてきたんだ」

過去の自分に託されて
未来の自分へ届ける
僕のバトン

僕はどのように走るべきだろうか
過去の自分の為に
未来の自分の為に
そして 現在の自分の為に
桜の花びらが舞っている
春の風に舞っている
ひらひらと空を泳いで
僕の掌に舞い落ちた

まるで自分の役目を果たすかように
華麗に舞う花びら
春風に吹かれながらも
最後まで自分の色を放ってる

僕は自分の色を放てるだろうか
世間の風に吹かれながらも
染まらずに自分の色を放てるだろうか
空を舞う桜のように
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。