上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
街は鮮やかな輝きを放って
クリスマスモードに染まってる
行き交う人たちの笑顔が
色とりどりに輝いてる

そして 僕はギターを抱え
優しいコードを奏でてる
愛を込めた音色が
君に届けと願ってる

聖夜の奇跡なんて信じてないけど
君に響く言葉が降ってこないかな

「愛してる」や「好きだ」って言葉より
僕だけの言葉があるんだって
心の中を探してみるよ
胸のスクリーンに映し出すムービー
過去の僕はどんな言葉を言ってるのかな?

街にはクリスマスソングが流れ
恋人たちの距離をより近づける
繋ぎ合ったその手と手が
冬の寒さにぬくもりを与える

そして 僕は目を瞑り
幸せのイメージを膨らます
綴っていった僕の言葉が
君への想いを募らせる

「こだわり強いよね」って君は笑うけど
君が笑ってるのなら それでいいかな

あの日の想ってた気持ちが
またひとつ言葉に変わって
君への詩になってくよ
胸の奥に潜んだ小さな勇気
それをいつ発動させられるかな?

空から舞い降りる白い雪は
サンタからのプレゼントなのかな
不思議と人恋しい気持ちになるよ
よし 君に会いに行こう
この詩を持って会いに行くよ

あの日描いてた夢が
イメージした君との未来が
少しずつ叶ってる気がしてるよ
詩に託した OUR STORY
詠んだら君は喜んでくれるかな
この詩を気に入ってくれたらいいな
スポンサーサイト
僕の隣で 君が座って
食べている1枚のクッキー
その笑顔につられて
僕も微笑んでた

なんて事のない平凡な日々
そんな何気ない時間が好き
そして 思うんだ
こういうのがハッピーなんだと

繰り返してく
月日の中で
君と過ごす この時を
一番って思う

そんなこと言ったら
君はどう思うかな?
また笑ってくれるかな?

苦しい時も
強がらないで
気楽でいれる
一番の大切な居場所

君の隣が 僕にとって
そうであるように
君も同じかな?
そうだといいな
LOVE SONG…
ねぇ 聞こえてるかな?
君の耳にも この唄が

LOVE SONG…
ねぇ 届いてるかな?
君へと歌う この唄が

どんな言葉を添えようか
どんな気持ちを込めようか
君への想いを綴ってみるよ

想いは募り 膨張してく
大きな風船がまたひとつ
青空へふわふわ上がってく

『愛』や『恋』だと書き並べても
何かしっくりこないんだ
僕らにピッタリのフレーズを
まだ探してるんだよ

空を流れる白い雲
それを眺めてる僕も
穏やかな気持ちになってくよ

小鳥のさえずり 風の音
耳を通り越えて 心へと
自然の声が響いてくるよ

あれやこれやと考えてるよりも
頭を心をすっきりしてみたら
僕らっぽいメロディが
浮かんでくる気がするんだよ

僕を想う君の歌声と
君を想う僕のハモりが
重なり合い 共鳴し合い
いま ひとつの唄になる

そして 君へと伝えるよ
ありきたりだけどこの言葉
『いつまでも君と』

LOVE SONG…
ねぇ 聞こえてるかな?
君の心にも この唄が

LOVE SONG…
さぁ 一緒に歌おうよ
君へと捧ぐ この唄を
君に出会って初めって知ったよ
本当の僕の強さと弱さに
今まで知ったつもりだったけど
実は僕はこんなにたくましく
そして脆い生き物だったんだ

君の手を握り締めると
伝わってくる温もりに
今の幸せをかみしめながらも
絶対的な保証の無い未来に
不安を隠せないでいる

未来なんて誰も分からない
何があってもおかしくない
そんなフレーズが頭の上を飛び交ってんだ

それでも「僕等なら大丈夫だ」と
自分に言い聞かせては
この先にある未来を信じ
勢いつけて走っていくよ

迷ったり 悩んだり 涙流したり
そんな悲しみの時間も
僕等がここにいた証になるんなら
逃げずに向き合っていくよ
君とならそれが出来るんだ

ふとした瞬間に見せる君の笑顔を
僕は大事にしたいから
僕は強くなっていくよ
君の為に 二人の為に

笑ったり キスしたり 抱き合ったり
そんな幸せな時間が
僕等が育てた絆を深めるから
ちゃんと向き合っていくよ
君とだからそれをしたいんだ

そして一緒に歩いていこう
果てしなく続く未来へと
二人で灯りを照らしながら
気付けば隣に座ってる
そんな君の姿を見てる
笑顔になってる僕がいる

手を繋いで歩いてる
当たり前の形になってる
そんな僕らがここにいる

1年前のあの日から
僕らは歩いてきたんだね

笑顔の日も 涙の日も
僕の隣には君がいたんだね

喜びも 悲しみも
愛しさも もどかしさも
いろんなものを引き連れて
僕らは歩いてきたんだね

僕の隣で笑ってる
君の声が聞こえてる
他愛もない会話は続いてく

自然と僕らは笑ってる
それが自然体となってる
そして 僕らは繋がってく

気付けば隣に座ってる
いつも 君の姿を見てる
笑顔になってる僕らがいる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。